安心のサービスを受けたい

ピアノ

ピアノ修理を依頼する際には、インターネット上に公式サイトを設けている業者に絞って探してみましょう。公式サイトには基本料金や調律師の紹介などが記載されているため、お得で確かなサービスを展開する業者を選べます。

詳しく見る

楽器を使い続ける方法とは

レディ

ピアノに何らかの不具合が生じた場合には、ピアノ販売店、もしくは、ピアノ修理業者に症状を伝えた上で、修理の申し込みを行う必要があります。尚、ピアノ修理費用に関しては、ピアノの種類が異なると、同じ症状でも違いが生じる可能性がありますので、電話や電子メールで問い合わせることが必要です。

詳しく見る

ピアノが壊れてしまったら

音符

ピアノが壊れてしまった時にはピアノ修理業者に依頼するようにしましょう。ピアノ修理業者は全国に多数あり、連絡をするだけで見積に来てもらえるので利用しやすくなっています。持ち帰りでの修理もできるようになっているので、ピアノの調子が悪いと思ったらすぐに連絡するようにしましょう。

詳しく見る

古いピアノが蘇る

ピアノ

ピアノは長く愛用できる楽器ですが、長く使っているうちに不具合や故障も出てきます。ピアノは買い替えることもできますが、ピアノ修理を行えばお気に入りのピアノを復活できるようになります。かなり古い、破損が進んでいる場合はオーバーホールもおすすめです。

詳しく見る

長く愛用するために

鍵盤

ピアノ修理は高価なピアノを長く使うために必要なことです。ちょっとした環境変化で音が変わってしまうので、長持ちさせるために必要です。業者を選ぶときは実績、出張無料点検の有無、職人の腕、コストなどを比較するとよいでしょう。

詳しく見る

ピアノの基礎知識

鍵盤

修理の際に必要な知識

ピアノの寿命はどれだけ弾きこんだかで差が出てきますが、短くて10数年ほどで普通に使う分にはメンテナンスをしっかりと行っていれば50年以上使えます。ピアノは精密機械だと言っても言い過ぎではありません。その内部を見たことがある方はどれだけの部品が使われ、どれだけ複雑に組み立ててあるかご存じだと思います。だからこそ、日頃のメンテナンスが大事になってくるのです。長く使っているとピアノ修理が必要になる場面があります。自分ですぐに故障だと分かるものもあれば、自分では築かないが調律の際に調律師からピアノ修理が必要だと言われることもあります。ピアノを長く大事に使うために必要なことは自分がピアノの知識を身に付けておくことです。複雑な知識までは必要ありませんが、例えばピアノの故障はどのようなものがあるのかを知っておくことは大事な事柄のひとつです。鍵盤が戻りずらい、戻らない。音が出ない、音がこもっているなどが一般的な故障です。また、そのようなすぐ目で見て耳で聞いて分かるものから、表面には分かりにくい内部の劣化もあります。フェルトや本体内部が虫に食われていたり、湿気で腐っていることも珍しくありません。そのような事を予想し、実際にそうなった場合には、どの程度の修理費用が必要なのかを調べておくことや、どの業者にピアノ修理を依頼するのかをあらかじめ決めておくと安心です。大事なピアノを長く安心して使うためには、ピアノ修理のこともあらかじめ知識を持っておくことが大事です。