ピアノが壊れてしまったら

音符

すぐに修理に来てもらえる

ピアノを弾いていて鍵盤が左右に揺れるようになった、指で抑えた時にミシミシときしむような音がするようなった、下がったままになる、音が出ないなどのことがある場合は故障している可能性があります。上記のような故障の原因は複数考えられ経年劣化・異物の混入・過湿・加乾燥などが挙げられます。いずれにしても故障した状態でピアノを弾き続けてしまうと上達の妨げになってしまったり、更に故障してしまうことも考えられるので注意が必要になってきます。ピアノの故障は素人ではどうしても難しく、素人判断で修理しようとすると悪化することもあるので、ピアノ修理は専門の業者に依頼するようにしましょう。ピアノ修理業者は全国に多数あるので、依頼する場合はまずは良さそうな業者を探してみましょう。業者にピアノ修理を依頼すると自宅や学校など故障したピアノのある場所に来てもらえるようになっており、業者が故障を確かめてから見積を出してもらえるようになっています。その場で修理が可能な故障ならすぐに修理作業に取り掛かるようになっていて、その場で修理ができないようなら持ち帰りでの修理になります。持ち帰りでの修理の場合はピアノを安全に運搬して工場や工房などでの修理になるため、日数が掛かるので業者にどれぐらいで修理できるのかを確認しておきましょう。ピアノは季節の変わり目などにも故障しやすくなるので、いつもよりもなんだか調子が悪いという時もピアノ修理業者に来てもらうようにしましょう。